生理痛解消ネット

子宮内膜症って
-子宮内膜症-

子宮内膜症とは、本来子宮の内側にある子宮内膜が、子宮内膜以外の場所で発生し、そこで生理のたびに増殖と剥離を繰り返す病気。
通常の生理では、はがれた子宮内膜は血液と共に体外に出されますが、子宮内膜症は子宮内膜以外に出来ているため体外に出されず生理の度にその場所に溜まっていきます。
それが周囲の炎症を起こし症状が悪化していきます。
子宮内膜症になりやすい場所は、卵巣・卵管、子宮、ぼうこう、等です、なかでも多いのは卵巣や子宮筋層で、卵巣に出来るものを「チョコレートのう胞」子宮筋層に出来るものを「子宮腺筋症」と呼ばれています。


<子宮内膜症・メニュー>
子宮内膜症 Top
子宮内膜症って
原因と主な症状
治療法
子宮内膜症放っておくと‥


[ MAIN MENU ]
知っていますか?生理の事
チェックしてみよう!
関連する病気
PMS(月経前症候群)について
生理痛
生理不順・無月経
子宮内膜症
病院へ行こう!
知っていますか?ピルの事
お助けグッズ
よくある質問


HOME
お問い合わせ
友達に教える



Copyright(C) 2010
生理痛解消ネット
All Rights Reserved.